後悔先に立たず!太陽光発電パネル設置工事の注意点

パネル固定で屋根防水を傷めないか

新築住宅の工事の際に太陽光発電パネルを設置する際は、防水層の設計と施工について事前の対策を行えるのですが、既存住宅の屋根はもともと太陽光発電パネルを設置することを想定して造られていません。パネルを固定する際のビスが防水層を貫いてしまうため、防水を補強することが必要となります。工事会社の中には貫通部にコーキングという材料で漏水対策をしますが、これはその場凌ぎの一時対応に過ぎません。コーキングは数年すると劣化してしまうので、将来的に雨漏りする可能性が高いでしょう。漏水対策を十分に検討して太陽光発電工事を実施してくれる業者に依頼することが重要です。

太陽光パネルの重量を考慮する

太陽光パネルの重量は屋根材よりも大きいため、場合によっては屋根の骨組みを補強する必要もあります。元々太陽光発電パネルの重量を見込んで構造計算はされていませんので、屋根の構造部材の強度が持たない可能性もあるのです。これらの構造検討をしないで工事を実施することは、将来的に屋根のたわみや屋根材の損傷が進み、漏水トラブルに発展する場合も想定されます。パネルの配置は既存の構造を十分に考慮して、屋根に負担のないように設置することが重要なのです。

強風対策についても十分に検討する

太陽光発電パネルは板状なので、風圧の影響も受けやすいという特徴があります。特に最近は強風や竜巻が発生する事例が増えており、強固に設置されていなければパネルが吹き飛ばされる可能性も十分にあることを考慮しておく必要があるのです。太陽光発電パネルの施工会社には、重量だけでなく、風圧による影響も考慮してくれる会社に依頼することが大切です。パネルが吹き飛ばされてしまうことで第三者に被害を与えてしまわないように、入念に検討してもらいましょう。

家は筋交いによって、ねじれやゆがみを起こすことなく建っていられるのです。建物を支える壁、耐力壁には必ず使われている部材ですから、施工現場の下見では耐力壁の位置と数からもその数をチェックができます。


マンションを買う時にチェックしておきたいポイント

マンションの共用施設をチェック

最近のマンションには様々な魅力がありますが、その一つとなっているのがマンション館内に設置された共用施設です。自分が住んでいるマンションの館内にプールやスパ、トレーニングルームといった施設があるので、わざわざ時間を作って外の施設に出かけていく必要がありません。昼間はみっちり仕事をしても自宅に帰れば快適なプールやスパが待っているのです。他にもキッズルームやシアタールーム、ゲストルーム等があり、充実した生活が送れるようになります。

マンションのセキュリティ設備をチェック

マイホームとしてマンションを選ぶことにはいくつかのメリットがありますが、セキュリティ設備が充実していることもマンション人気の大きなポイントとなっています。マンションの場合は外部から不審者が侵入してくるのを防ぐために複数のセキュリティ設備を完備しています。特に防犯カメラは一つのマンションにいくつも設置しており、エントランスホールやエレベーター、自宅玄関前を監視しています。マンション館内だけでなく敷地内の数箇所にもあります。

マンションは間取りで住みやすさが変わる?

新築マンションを購入する時は、複数の間取りタイプの中から好きな間取りを選ぶことができます。同じ3LDKでも物件によって間取りタイプが異なるため、資料にある間取り図を見ながら実際に住んだ時のことをイメージしてみるといいでしょう。居室が3つあっても全てが洋室の物件と1つが和室になっている物件があります。窓の位置によって室内の明るさが変わってくるので、部屋の数や形だけでなく窓やベランダもチェックポイントになります。

内装リフォーム済みの美しい世田谷のマンションがたくさんあり、快適に過ごせるので人気です。歩いて駅に行ける物件もあります。


ここが知りたい!こだわりのマンションリフォーム

マンションリフォームにも使える自然素材の壁材とは

マンションといえばどうしても無機質の画一的なイメージがありますが、自然素材でリフォームを行えばナチュラルな空間に仕上げることができます。自然素材で人気が高いのが壁の仕上げ材として用いられる珪藻土です。自然素材派から注目を集めている珪藻土はやわらかな仕上がり感だけが特徴ではなく、吸放湿性が高いため調湿効果もあるのですよ。さらに結露を解消してシックハウスの原因となるホルムアルデヒドも吸収してくれる効果も期待できます。

紙や布製のものも人気

壁材では漆喰もポピュラーですが、珪藻土と同様に施工が厳しく材料費とコストが高くつくというデメリットもあります。同じく施工に手間とコストがかかりますが紙や布を基調にした自然素材のクロスも人気でビニルクロスに比べると空間の印象がやわらかなものに仕上がり美しくなるでしょう。また、見落としがちな床材ですが実は空間の印象を大きく左右する存在です。ナチュラル派に人気が高いのは無垢のフローリング材で、近年では床暖房に対応できる商品も多く登場しています。メンテナンスが必要ですが足触りが柔らかく天然成分のオイルで仕上げれば小さな子供がいる家庭でも安心でしょう。

無垢のフローリング材は施工会社に相談でOK

人気の高い無垢のフローリング材ですが、一部のマンションでは使用を禁止しています。なぜなら集合住宅であるマンションは管理規約で各戸の防音性能を定めていることもあるためです。既製のフローリング材は防音性能を備えている商品がほとんどですが、無垢のフローリング材では定められた防音性能を満たすことができないので、施工方法についてリフォーム会社に相談してみましょう。通常の施工方法よりは高くなりますが、二重床という施工方法を用いればマンションでも憧れの無垢材のフローリングを手に入れることができますよ。

マンションリフォームとは、集合住宅であるマンションの修繕・改修を行い、住宅機能を回復させる行為です。