マンションを買ったら知っておきたい登記の知識

マンションを買う前に専有面積を確認する

マンションを購入する場合には、駅からの近さや間取りとともに専有面積の大きさも検討するでしょう。この専有面積については、登記面積との関係をよく理解しておくことが重要でしょう。一般的には広告で表示される面積は壁芯面積であることがほとんどで、壁や柱の中心線を結んだものが専有面積として表示されています。しかし、登記面積は壁の内側である内法面積です。住宅ローン控除等の税制では居住用物件の面積に制限がある場合が多いですが、登記面積ベースで判断されるという点はよく理解しておく必要があるでしょう。

登記をすることで守られる権利とは

マンションを購入すると登記をするのが一般的です。登記簿には表題部と権利部があり、権利登記は所有権である甲区、その他の乙区に分かれています。購入したマンションの所有権を甲区に登記することによって、第三者に対して対抗(自分のものだと主張すること)できるというメリットがあります。あわせて登記をするには登録免許税という税金を支払う必要があります。また、ローンを組んだ場合、抵当権が設定されますが、これは所有権ではないため乙区に登記されることも知っておくといいでしょう。

マンションの土地部分の登記はどこに?

マンションを購入した人は意識としては専有部分である自分の部屋を手に入れたという感覚かもしれませんが、土地の権利も取得しているはずです。定期借地権の物件であれば借地権、それ以外の場合は敷地利用権と呼ばれる所有権を手に入れているでしょう。土地の権利ですので、敷地利用権は土地の登記簿に登記されるように思いますが、実際には専有部分と分離して譲渡等されることがほとんどないため、敷地利用権は建物の登記簿に登記されているのです。

マンション暮らしをする場合に景観の美しいマンションを探すなら戸田公園のマンションで気に入るものを探しましょう。


快適生活を実現!素敵なマンション生活の魅力

浴室換気乾燥機を活用する

近年建てられるマンションは、さまざまな設備が標準装備されているのが魅力です。床暖房や温室便座など、嬉しい設備がそろっていますが、注目なのは、バスルームの設備です。暖房機能が付いていることがありますが、なかなか体が温まらない寒い冬の時期にはとても助かる設備です。また、乾燥機が付いていれば、雨の日に浴室で洗濯物を干すと言ったこともできますから、何かと便利です。ちなみに、物件によっては浴室にテレビが付いていることもあり、ユニークな空間に仕上がっています。

キッチンの便利さが魅力

マンションのキッチンスペースと言えば、システムキッチンが定番でIHクッキングヒーターが付いていたりしますが、見逃せないのが、食洗機の存在です。食洗機が付いているおかげで、食器をセットして、機械が洗ってくれている間に他の仕事をすることができますから、とても便利です。また、シャワーヘッドが動くタイプであったり、排水口で生ゴミ処理をしてくれるディスポーザが付いていることもあり、スマートな暮らしを実現できます。

セキュリティ設備の充実

マンション生活の魅力で見逃せないのは、やはり充実したセキュリティ設備です。オートロックや防犯カメラと言った定番の設備に加えて、TV付モニタホン、そして、特殊なディンプルキーに、玄関のダブルロック、こじあげ対策となる鎌付デッドボルトなど、優れた防犯設備がいくつもそろっているのが魅力と言えます。また、24時間有人管理だったりもして、機械だけに頼らないセキュリティ環境に仕上がっているのが嬉しいところです。

中央林間のマンションは最寄り駅から近い場所にあるので、交通の便がとても良くファミリー向けだけではなく単身世帯向けのマンションが多くあります。


マンション選びの際に意識しておいた方が良いポイント

設備はどのぐらい充実しているか確認

マンションと言うのは、とてもたくさんの設備が備わっているものです。ただし、物件によってかなり異なりますから、注意が必要です。まずは、マンションにはどういった設備があるのかを把握することが大切です。そうしないと、後で「こんないい物件もあったのか」と思ってしまうことになります。例えば、セキュリティ設備一つとってみても、オートロックだったり、そうでなかったり、モニタホンが付いていたり、玄関ドアはサムターン回し防止のカバーが付いているなど、色々と異なります。

魅力的な共用施設はあるか

近年のマンションと言うのは、住まいとは思えないようなオシャレで豪華な共用施設が目立ち、それが見どころでもあります。例えば、マンションの施設で醍醐味とも言えるのがラウンジです。広々としていたり天井が高かったり、ホテルにいるような気分を味わえるラウンジがあります。また、たくさんの本が置かれていて、定期的に内容が入れ替わると言う、本好きにはたまらないブックラウンジになっている物件もあります。その他、ミュージックルームやジムなど、マンションによってユニークな施設が存在します。

駐車場の状態を確認する大切さ

マンション生活と言うと、安全面や豪華さに目が行きがちですが、利便性も忘れてはいけません。そして、その際にしっかりと意識しておきたいのが駐車場です。平置きの所もありますが、世帯数と土地の広さのバランスが合わない時には、機械式の駐車場が採用されることがあります。大切なのは、実際に生活をした時のイメージをすることで、駐車位置によっては車の出し入れに思いの外時間がかかって、これが毎日のこととなると結構大変なものです。機械式にも規模の違いがありますから、自分の許容範囲のレベルか確認しておくと良いでしょう。

横浜市にある鶴見区は、比較的住宅街の多い区となっており、マンションやアパートなども多数あります。そのため、鶴見のマンションは良い物件が多くあります。