狭い敷地をフル活用戸建ての間取りと空間設計

空間の連続性の工夫で広くできる

マンションと同じく戸建て住宅も都心回帰の傾向が出ており、広い郊外よりも狭くて都心を望む人も今後は増えてくることでしょう。しかし、都心は地価が高いので予算に従い土地を手当てしたところで、新築する際に狭さに愕然とする人も少なくはないのです。基礎工事が終わり、柱が立ち、壁のボードを張って部屋が仕切られていくうちに、そのような意見はどのような現場からも出ますが、壁ができるとまた印象がちがうので安心しましょう。大事なのは空間の連続性で、間取りは平面で考えますが、戸建ての設計は立体で考えるものです。

若い家族に人気!スキップ構成の魅力

戸建て住宅はマンションい比べ自由度は高いですが、建蔽率や容積率が法律で決まっています。戸建てにも見えないところで、ここから先は建てられませんよという線引きがあることを覚えておきましょう。また、上に伸ばせないなら下に行く、普通は木造ですと湿気問題があるので床は地面から50cm下げてフラットにするのが基本です。例えば床を1か所下げるつくりにして、このような構成を組み合わせたスキップ構成を取り入れれば、上下移動に対して気持ちは楽になり、動く距離は同じでも心理的に短く感じるでしょう。同じ6畳でもずいぶん違ってみえ、吹き抜けをいかせば立体感や高さの要素が加わりたての空間の連続性が生まれます。

熱の動きを考えれば住みやすくなる

スキップ構成のように間取りを立体的に考え始めると設計にどんどん面白い工夫がくわわることでしょう。吹き向け空間などをいかして視線がタテ、ヨコ、ナナメに動くようになると同じ敷地に建つ建物がずっと広く感じられるようになります。ただし、気を付けなければならないのが、熱の移動です。最初に季節ごとの熱の動きを考えて、空間設計に取り組んでおきましょう。解決策の一つは家全体を高気密、高断熱にして室内を個室に区切らない、ワンボックスに近い設計にしてしまうことですが、人によりさまざまな考えもあるので、空調管理について自分にはどの方法があっているのかも考えてみましょう。

八王子の新築一戸建てならば、たくさんの工務店が建設していますから、予算と嗜好に合わせて購入できます。


マンションにあると便利!女性の1人暮らし

玄関にオートロックがあると安心

女性が1人で暮らしを始めるとき、あると便利な機能の一つにオートロックがあります。最近のマンションには殆どついていますが、あるとないとでは安心感が違いますね。特にマンションの周りの人通りが少ない、仕事で帰りが遅くなることが多い、のような人にはなくてはならないものでしょう。オートロックがないと、知らない人が入ってくることがいつでもできてしまいますし、必要のない訪問営業の人が突然やって来たり、ドアのポストにチラシなどを入れられてしまうので、困りますよね。

宅配ボックスのあるマンションがいい

これもあると便利です。特に女性は通販をよく利用しますし、1人だと外出しているときに誰も荷物を受け取ってくれませんので、不在時に保管してもらえる場所があると助かりますよね。ひとつだけ困ることがあるとすれば、自分では運べないほどの重い荷物が届いてしまったときです。水を大量に購入すると結構な重さになりますし、実家からお米や物が沢山送られてきたときに自分で運ぶのは大変です。重い荷物が届く予定が分かっている場合には宅配ボックスに入れないでと事前に依頼したほうがよさそうですね。

モニター付きインターホン

来客を予定していなくて、リラックスしているときに突然インターホンが鳴るとびっくりしますよね。勧誘などで訪問されてもうまく断ることができない女性も多いのではないでしょうか。できるだけ対応するのは避けたいですよね。でも荷物や書留など自分に必要なものが不意に配達されることもあるので、出ないわけにはいきませんので悩むところですが、部屋のインターホンにモニターがついていれば、応える前に相手の顔が分かるので、応対する必要のないものには出なければいい、と判断できるので安心です。

つくばのマンションは、充実した共用施設に加え、周辺環境も優れており、駅近で大型ショッピングエリアのそばの物件もあるのが注目どころでうす。


マンションの諸費用とその仕組みを知ろう!

マンションの諸費用とはどういうものを指すか

マンションを購入する場合には、物件の価格以外にもいろいろな支出が生じます。物件購入後の登記に必要な登録免許税と司法書士への報酬や契約書に貼る印紙税などの租税公課関係の支出もありますし、団体信用生命保険の保険料、保証料、火災保険の保険料などは分割して支払ったりローン金額に上乗せする場合もありますが、一括して払うことも多いです。また、マンションによっては修繕費用の一時金が必要になる場合もあります。さらに忘れてはいけないのが引越し費用や入居後にすぐ必要になるカーテンや家具を購入する費用でしょう。

団体信用生命保険とは?

これらの諸費用の中で、何にお金を支払っているかをよく理解しておいた方がいいものがあります。まず団体信用生命保険の保険料です。これは、一種の生命保険だと考えればいいでしょう。住宅ローンを借りている人が返済の途中で死亡してしまった場合、この団体信用生命から保険金がおりて返済金額が支払われるという仕組みです。保険金は遺族が受け取るのはなく、直接金融機関に支払われローンの返済に充当されることになっていますので、これを付ければ家族も安心でしょう。

借入金返済が滞った時のための保証料とは

もう一つ仕組みを理解しておきたい諸費用がありますが、それは保証料です。保証料は自分のためになるというより、金融機関の債権保全コストを請求された分と考えられるでしょう。金融機関は保証会社と契約をし、もし住宅ローンの返済が滞ったら保証会社が金融機関に残債を一括で支払うのです。こうすることで金融機関は損害が発生しませんので、金融機関にとっての保険のようなものです。保証会社は、債務者に返済を要求しますが払えなければ抵当権が実行されることになるでしょう。

老後も安心して生活できるマンション探すならシニア向け分譲マンションです、健康管理や食事指導なども行ってくれますから安心です。